救護施設で働く人

生活保護では、居宅保護を原てい則としますが、救護施設(保護施設)という施設が設けられています。救護施設では様ざまな人が働き、事業を展開し入所者の生活を支えています。 その支援の仕組みをそこで働く人を通じてご紹介していきます。

コロナ禍の中、今は毎朝の検温と共に警戒ステージ4になってからは利用者のマスク交換も行う事になりました。
声掛けしながら体調をチェック、また施設内の消毒も1日2回換気をしながら…

利用者の皆さんへの三食の食事提供はもちろんのこと、日々の会話や食事懇談会、定例会などを通じて、要望等を直接聞く機会があり、栄養士も含め相談しメニューに反映しています。
利用者さんに喜んでいただくため、さつき荘では手作りを心がけており…

更新情報