平成15年度 精神障害者社会生活支援サービス研修会

開 催 要 綱

1. 趣 旨
  精神障害者施策については、入院治療中心から地域生活中心へ、という明確な方向が示されました。厚生事業関係施設等においても、精神障害者の地域生活支援に積極的に取り組むことが期待されています。
 本研修会では今年度、精神障害者の地域生活支援をプログラムの中心に位置づけるとともに、利用者の意向を尊重し個別ニーズに応じた支援に向けて利用者の状況やニーズを適切に理解するためのプログラムも準備しました。地域生活支援の推進に向けて、多くの関係者のご参加をお待ちしています。
2. 主 催 全国社会福祉協議会・全国厚生事業団体連絡協議会
3. 運 営 全国救護施設協議会 調査・研究・研修委員会
4. 期 日 平成16年2月2日(月)〜3日(火)
5. 会 場 全社協灘尾ホール(東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビルLB階)
6. 参加者(200名程)
(1) 厚生事業関係施設(救護施設・更生施設・宿所提供施設・宿泊所・婦人保護施 設・内部障害者更生施設等)の職員
(2) その他精神障害回復者、アルコール依存者の支援に従事している者
(3) 都道府県・指定都市行政担当者、婦人相談所関係職員、婦人相談員、社会福祉 協議会担当者等
  ※会場スペースの関係で、定員を超えてご参加いただくことが難しいので、締切前で あっても定員に達した場合は、その時点で参加を締め切らせていただきます。
7. 参加費 1人 15,000円(昼食代は含みません)
※領収証の必要な方は、当日会場受付で発行します
8. 日程および研修内容(敬称略)
  2月2日(月)
 
9:00 10:00 11:00 12:00 13:00 14:00 15:00 16:00 17:00 18:00 19:00
受付
基調
報告
行政
説明
昼食 講義1 休憩 講義2 交流会
  2月3日(火)
 
9:00 10:00 11:00 12:00 13:00 14:00 15:00 16:00 17:00 18:00 19:00
受付 分科会 昼食 分科会 閉会
  (1) 開会【2/2 10:00〜10:15 】
開会挨拶; 田中亮治(全国厚生事業団体連絡協議会会長)
事務連絡; 事務局(全国社会福祉協議会・障害福祉部)
  (2)
基調報告【2/2 10:15〜11:00 】
講師; 田中亮治(全国厚生事業団体連絡協議会会長)
*地域生活支援の推進に向けて、厚生事業関係施設のあり方について報告する。
  (3) 行政説明【2/2 11:00〜12:00 】
講師; 厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部精神保健福祉課
*精神障害者施策等に関する最新の動向等について報告する。
  (4) 講義1
「精神障害者の地域生活支援をどのように進めるか」【2/2 13:00〜15:00 】
講師; 新保祐元(全国精神障害者社会復帰施設協会理事長)
*精神障害者の地域生活支援を推進する意義および社会福祉施設に求められる役割、サービス資源の開発等を含めて取り組むべき課題等について考える。
  (5) 講義2
「緊急時の状態理解と適切な対応」【2/2 15:20〜17:20 】
講師; 三浦勇太(慶應義塾大学医学部精神・神経科医師)
*支援をしていくうえで直面する不安定状態等の緊急時の対応を中心に、精神疾患による心身の状態変化等について援助者として必要な事項を理解する。
  (6) 分科会A
「地域生活に向けた支援の実際」【2/3 9:30〜15:00 】
コーディネーター; 池末美穂子(日本福祉大学教授)
* 社会福祉施設に入所している者の退所支援や、退所後の生活支援の進め方等について、実践事例報告やグループ討議を交えながら考える。
分科会B
「精神障害者支援の援助技術の基本」【2/3 9:30〜15:00】
コーディネーター; 瀧 誠(同朋大学専任講師)
*利用者の意向を踏まえた支援をするために、面接等基本的な援助技術について、統合失調症等を有する利用者の事例やグループ討議を交えて考える。
◆分科会は、A・Bどちらかを1つ選択してください。
9. 事前質問について
  (1) 講義2および分科会(A・B)に関して、事前に質問を受け付けます。質問事項は1月9日(金)までにFAXかEメールで事務局までご提出ください。書式等は問いませんが、どの科目に対する質問か、明記してください。
  (2) ご提出いただいた質問に対して講師が逐一回答することはできません。講義内容の中で包括的に回答する形となりますので、あらかじめご了知ください。講義内容を組み立てるうえでの参考とするための情報提供としてご協力いただければ幸いです。
10. 交流会
   2月2日の終了後(17:30 〜 19:00)、全社協周辺の会場で交流会を行います。
ご参加を希望する人は「参加申込書」にご記入ください。
11. 申込み、参加費送金方法、および参加取消について
  (1)
同封の「参加申込書」を、JTB団体旅行新宿支店へ郵送又はFAXにて直接送付してください。
(2) 申込の締切は、平成16年1月9日(金)といたします。但し、締切前に定員に達した場合はお断りする場合がございます。
(3) 請求書および参加券その他は、1月23日頃にJTB団体旅行新宿支店より発送する予定です。参加費その他の費用は請求書に基づきご送金ください。
(4) ご入金後の参加費の返金は原則として行いません。研修会資料の発送をもって代えさせていただきます。
12. 事務局(質問送付先、研修内容に関する問い合わせ先)
  全国社会福祉協議会 障害福祉部【担当/佐々木、木村】
〒100-8980 千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル
TEL 03-3581-6502 FAX 03-3581-2428
Eメール sasaki‐yasunori@shakyo.or.jp
13. 参加・宿泊の申込み先
  JTB団体旅行新宿支店営業第3課【担当/福田、坂本】
〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-18-8新宿スカイビル4階
TEL 03-346-0161 FAX 03-3346-2921
   
 

■ 参加・宿泊・食事等のご案内(word ファイル)

  ■ 申込書(wordファイル)